老年病センター電話番号お見舞いメール
病院へのアクセス

治療案内

飯能老年病センターでは、入院されている患者様の治療や認知症を抱えているご家族の方のためのご相談に力を入れているほか、
患者様の過ごし易い住環境を整備、維持することや、毎日の美味しい食事も治療の大切な役割と考えております。

飯能老年病センターでは認知症の症状と内科合併症の両方の治療ができます。 また、2011年5月より透析治療が必要な認知症の患者様の受け入れも可能となりました。
入院時よりすべての患者様に内科と精神科の医師がそれぞれ担当に付いて診療に当たっている、全国的にも数少ない病院です。

一口に認知症と言っても一人一人症状も違えば対応の仕方も違います。
患者様の声や表情をしっかり観察し、患者様一人一人としっかり向き合わなければ、適切な看護や介護は行えません。 飯能老年病センターでは、それぞれの患者様とのコミュニケーションを大切に、 マニュアル通りの型にはまったものではない、心の通った看護・介護、押し付けではなく家族と患者様に寄り添った看護・介護を心掛けています。

飯能老年病センターでは、患者様の体の状態に合わせて食事の内容を変えています。
患者様によって、認知症の病状も違えば体調も好みも違います。 そこで、必要となってくるのがひとりひとりに対応した食事システムです。
飯能老年病センターでは、栄養士と患者様が直接お話しをして、 さらに医師の指示の元、食事の内容を決めていきます。

認知症の症状治療に最も大切なのは患者様の心です。
どんなに素晴らしい医療を施しても、生活の場である部屋が暗く冷たいものでは心を閉ざしてしまうでしょう。
飯能老年病センターでは明るく開放的な、温かみのあるお部屋で患者様をお迎えします。

飯能老年病センターでは認知症の症状と内科合併症の両方の治療ができます。

また、2011年5月より透析治療が必要な認知症の患者様の受け入れも可能となりました。 入院時よりすべての患者様に内科と精神科の医師がそれぞれ担当に付いて診療に当たっている、全国的にも数少ない病院です。

一口に認知症と言っても一人一人症状も違えば対応の仕方も違います。

患者様の声や表情をしっかり観察し、患者様一人一人としっかり向き合わなければ、適切な看護や介護は行えません。 飯能老年病センターでは、それぞれの患者様とのコミュニケーションを大切に、 マニュアル通りの型にはまったものではない、心の通った看護・介護、押し付けではなく家族と患者様に寄り添った看護・介護を心掛けています。

飯能老年病センターでは、患者様の体の状態に合わせて食事の内容を変えています。

患者様によって、認知症の病状も違えば体調も好みも違います。そこで、必要となってくるのがひとりひとりに対応した食事システムです。飯能老年病センターでは、栄養士と患者様が直接お話しをして、 さらに医師の指示の元、食事の内容を決めていきます。

認知症の症状治療に最も大切なのは患者様の心です。

どんなに素晴らしい医療を施しても、生活の場である部屋が暗く冷たいものでは心を閉ざしてしまうでしょう。 飯能老年病センターでは明るく開放的な、温かみのあるお部屋で患者様をお迎えします。

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500