老年病センター電話番号お見舞いメール
病院へのアクセス

各診療科

認知症と内科合併症の両方の治療ができます。

 飯能老年病センターは内科合併症の患者様を積極的に受け入れており、2011年5月からは透析治療が必要な認知症の患者様も受け入れております。
 入院時よりすべての患者様に内科と精神科の医師がそれぞれ担当に付いて診療に当たっている、全国的にも数少ない病院です。
 また全科の医師がひとつの医局で日常的に患者様について情報交換や意見交換などを行っておりますので、患者様をより深く理解することが出来ます。
 認知症には様々な原因疾患があり、それぞれ治療法が異なります。それをしっかり診断し、適切な治療を行います。
 各病棟は回廊型病棟になっており、徘徊、夜間せん妄、幻覚等の患者様にも対応しています。認知症で内科合併症を持たれた患者様にも各専門医が治療を行います。各階担当の作業療法士による生活機能回復訓練、専門医による回想法を実施しています。

各診療科紹介

内科

内科

 認知症の方が内科合併症を伴う割合は非常に高くなっています。そのためには、適切な内科の診断と治療が必要です。飯能老年病センターでは、肺炎や糖尿病などの合併症や、慢性の病気をお持ちの方もすべての患者様に担当の内科医が診療にあたります。

精神科

精神科

 認知症の中核症状である記憶や認知の障害、また認知症に伴う行動と心理症状の治療を行っています。 患者様に対する精神療法や薬物療法に加えて、介護するご家族の悩みや不安を軽減するための情報提供やアドバイスにも力を入れています。

放射線科

放射線科

 放射線による診断や治療を行う診療科です。 CTやレントゲンなど、様々な画像を読影・診断したり、内科と連動して各種検査を行ったりします。 内科の診療だけでは見落としがちな内臓疾患なども、院内での適切な検査で早期発見が可能です。

皮膚科

皮膚科

 湿疹や水虫、蕁麻疹や高齢者に多い皮膚の乾燥による痒みなど、皮膚疾患は日常的に起こります。 少しの痒みや痛みでも内臓疾患による場合もありますので見逃せません。 入院生活のストレスになりがちな皮膚疾患も適切に処置致します。

透析室

透析室

 一般の透析施設での対応が困難な認知症や精神疾患をお持ちの患者様の受け入れが可能です。 また、東日本大震災に伴う計画停電の際、普段は他地区で透析を行っている患者様の受け入れも可能です。

検査科

検査科

 検査科は、自動血球計算機を利用して患者様の血液を検査し、体の状態を調べます。 検査の結果から医師が患者様に最適な処置を行います。

薬局

薬局

 内科合併症を持たれている患者様に対し、医師の指示のもと適切なお薬の調剤を行っています。高齢の患者様や、ご家族、介護スタッフになるべく負担をかけないよう、 管理しやすい形でお薬を提供できるように心がけています。

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500